ここでは、 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉高由里子、彼氏5人持ちヒロインにドキドキ 「ダメ同士がくっつく」恋愛観も語る (シネマトゥデイ 映画情報)

N0031343_l-small.jpg


2日、女優の吉高由里子が、テアトル新宿にて行われた主演映画『婚前特急』公開記念舞台あいさつに登壇し、「こういう時期だからこそ、ほっこり笑える存在の映画でいたい。フラッと観に来て下さい」と作品をアピールした。この日はそのほか、共演の加瀬亮、浜野謙太、前田弘二監督が登壇した。

 本作で彼氏5人を掛け持ちしながらも憎めないヒロインをはつらつと演じ、コメディエンヌとしての才能を存分に発揮した吉高。大勢の立ち見客も詰めかけた大盛況の中、笑顔で登場した吉高は「おもしろかったですか?」と客席に呼びかけ「サイコー!」と言われると「もっと(コールを)ちょうだい!」と叫ぶなど、最初から明るい魅力をさく裂させ、会場を大いに盛り上げた。トーク中には、撮影時に演出のため、監督からイライラする精神状態にさせられていたことを明かしたり、劇中のキャラクターたちについて「(ヒロインの)チエもダメだし、男たちもダメ。ダメはダメとくっつくんですよ」と恋愛観を素直に語ったりしていた。

 そんな吉高ふんするヒロインのチエから、査定される側の男を演じた加瀬と浜野。加瀬は「こういう状況の中、この時間がどういう時間になるのか複雑でした。でも見終わった方たちからたくさん拍手をいただいて安心しました」と熱い反応にほっとした表情。劇中ではチエの良き相談相手でもある、食品会社の営業部長という役どころだったが「実際の自分と、吉高さんの関係に近いと思います。吉高さんからいろいろ話しかけられても、話半分で聞いています」と笑いながら明かすなど、吉高とすっかり仲良くなっている様子がうかがえた。一方、インディーズ・シーンで熱狂的なファンを持つバンド「SAKEROCK」のメンバーでもあり、劇中ではお調子者のパン工場の工員を演じた浜野は「この映画では、かわいくてダメな人たちが肯定されている。気楽に観てくだされば」と映画をアピールしていた。(古河優)

『婚前特急』は今を楽しく生きようと5人の男性と同時に付き合っていた独身OL・チエ(吉高)が、親友の結婚を機に自分を見つめ直し、彼氏たちを査定して運命の相手を見つけるまでをユーモラスに描く恋愛コメディー。

映画『婚前特急』はテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中

オフシャルサイト http://konzentokkyu.com/

マクロスシリーズの生みの親が放つあの合体アニメが再始動

マクロスシリーズの生みの親として知られる河森正治が原作・監督・脚本を務め、「あなたと合体したい…」というキャッチフレーズと、ちょっとムフフな合体シーン、さらに口コミで話題を呼んだ主題歌で人気を博したアニメ『剣聖のアクエリオン』。

人気が沸騰するや、映画化されたのに続き、パチンコにもなり、アニメ版を知らなかった人にも反響を呼んだ同作の新テレビシリーズの制作が決定した。『アクエリオンEVOL』というタイトルの本作は、発表されたポスタービジュアルによると、3人の男女とそのバックにも3人のミステリアスなキャラクターがいるなど、12000年という時を超える物語が描かれた前シリーズのような壮大なストーリーになるに違いない。

なお、3月30日(水)にはこれまでのテレビシリーズ、OVA、劇場版の全てを収録した『アクエリオン完全合体Blu-ray BOX』の発売も決定! テレビ版が待てないという人は、このBDで『アクエリオン』の世界を振り返ってみるのも良いだろう。【トライワークス】





『アバター2』パンドラの海の世界を東日本大震災の影響で変更 ジェームズ・キャメロン監督が決断 (シネマトゥデイ 映画情報)

N0031207_l-small.jpg



 世界中で大ヒットを繰り広げた『アバター』の続編を企画中のジェームズ・キャメロン監督が、日本で起きた東日本大震災のために、当初予定していたリサーチ場所の変更することがDarkhorizons.comによって明らかになった。

 これは、今回の『アバター』の続編でパンドラの海の世界を描く予定でいるキャメロン監督は、世界で最も深い海溝と言われるマリアナ海溝で海洋生物のリサーチをして、パンドラの海の世界をデザインするつもりでいたようで、すでにその深い海溝用に独自の潜水艦を半分設計していたそうだ。

 だが、3月11日に東日本大震災が起こり、現在も余震が続いている現状況では、日本からそれほど距離の離れていないマリアナ海溝のリサーチをすることは、もともと深淵のリサーチで危険を擁するうえに、さらにその状況下を悪化させる判断して、当初予定したマリアナ海溝から別の場所に変更すると映画サイト、Coming Attractionが伝えている。

 世界中から期待されている映画だけに、是非、安全な環境下で製作してもらいたいものだ。

SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。