ア行

ここでは、ア行 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


155167.jpg

スタッフ・キャスト
[監督]波多野貴文
[製作総指揮]石原隆/和田行/島谷能成/加太孝明
[製作]亀山千広/藤島ジュリーK./関口大輔/稲葉直人/中島久美子/古郡真也
[脚本]金城一紀
[撮影]相馬大輔
[音楽]菅野祐悟
[出演]岡田准一/香川照之/真木よう子/松尾諭/神尾佑/山本圭/堤真一/野間口徹/春田純一/平田敦子/堀部圭亮/古山憲太郎/伊達暁/入山法子/波岡一喜/平岳大/螢雪次朗
上映時間
128分  
上映館
TOHOシネマズ スカラ座・みゆき座にて公開 
公開日
2011年3月12日(土)公開 

「SP 革命篇」公式サイト


渡辺謙 樋口可南子 主演。

第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編を原作に、
『トリック』や『ケイゾク』の堤幸彦監督が映画化した人間ドラマ。
若年性アルツハイマー病に侵された男と、ともに喪失を乗り越えようとする
妻の夫婦の情愛をたおやかに描く。

互いを受け止め合い、痛みを共有する熟年夫婦を渡辺謙と樋口可南子が好演。
人を愛することの根源的な意味を問いかける重厚なテーマを、ソフトな語り口で
つづる堤監督の演出手腕が冴え渡る感動作。



渡辺謙さん 樋口可南子さんの熱演はもちろん。他の役の人も熱演していました。

香川照之さん 遠藤憲一さんの演技が光っていました。  
人間味というか、役柄がにじみ出ている感じがしました。
及川光博さん 今回の映画は「あれっ?もっと演技うまい人じゃなかった?」
なんて見ていたら、 見せ場のシーン 入りきっていました。そのシーン うまい!。
田辺誠一さんも いい味出してました。

今回も 途中から 涙ボロボロでした。 
人間 感情のバランスとるために 時には、涙流す事 大事。
そんな話、聞いたことあるような? 

ちなみに マイナス面?
渡辺謙さんの勤める会社に出てくる エキストラの会社員
こんなサラリーマンいねーよ!! 
まして広告業界なら なおさら・・ そんな感じがしました。 
たぶん、その場面見てみれば 言いたい事わかってもらえるような気がします。
同じ場面で、何回も流れるから なおさら気になりました。

後、音楽が映画にあっていない部分もありました。  
 

FBI 失踪者を追え!

名前のとおり FBIが失踪者を探すドラマ。 

派手なアクションとかないし すごい面白いかといえば う~んと
いった感じだけど  面白くないというほどでない。
一時間の中で 話が解決するところが ミソ 

基本どっから見ても それなりに話がわかるところが いいところかも

また 聞き取りやすい 英語 話しているので 英語の勉強で見ています。 

無料で英語勉強しようと思えば ネットに題材やヒント ごろごろ 
そういう点は いい時代に なったんーと思います。  

SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。