インサイドマン

ここでは、インサイドマン に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スパイク リー監督作品
元々 独特の感じの映画を作る監督だが 
今作もちょっと変わった感じの作り方
正直 最後のほうは意味がわからなかった。
わからなかったといえば主演がデンゼルワシントン
だったこと。DVD返しに行ったとき再びパッケージみたら
デンゼルワシントンの名が!? いつも言ってい
てしつこいが見る映画映画 まるで別人。
役作りうまい通り越して 天才の領域だと思う。
途中まで面白かったが いかんせん意味わからない(苦笑)

ストーリ概要
白昼のマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。
頭脳明晰な犯人グループのリーダー・ダルトンは、50人の
人質全員に自分たちと同じ服を着せる陽動作戦に出る。
人質と犯人の見分けがつかない以上、突入は不可能。
犯人グループから“型通り”の要求はあったものの、
現場は膠着状態に。
指揮を執る敏腕捜査官フレイジャーも、まったく焦りを
見せないダルトンの真意をはかりかねていた。
そんな中、銀行の会長から“特別”な依頼を受けた女弁護士が
現場に現れる。



インサイド・マン

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://maboromovie.blog122.fc2.com/tb.php/85-01d5a759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。