2008年02月

ここでは、2008年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モーガンフリーマン ベン・アフレック主演

ストーリー概要
1973年の第3次中東戦争で、1発の核ミサイルが紛失した。
そして2001年、アメリカとロシアの間でまたも国際緊張の
事態が発生。しかしCIAの若手アナリスト、ジャック・ライアン
(ベン・アフレック)はそれらの原因が何者かに仕組まれている
とにらみ、調査を続ける。しかし、ついにアメリカに1発の核が
爆発、世界は一気に第3次世界大戦の危機へ!

結論から言うと つまらない映画 
どうも最近 レンタルしてくる映画DVD はずればかり 

ストーリーもなんだか めちゃめちゃで矛盾だらけ 
緊迫感もあったもんでない。
一応 いいところも説明すると、核爆発のシーンは迫力満点。
でも、爆発に巻き込まれた人達はどこ????
作りが雑な感じがします。 (やっぱり批判的になってしまう)

しかし、ベンアフレックでている。映画はつまらない作品が多い。
そう思うのは自分だけだろうか?
 
次こそ おもしろい映画DVD 借りてこれますように(苦笑)



トータル・フィアーズ ― スペシャル・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)

スポンサーサイト
メルギブソン ジュリアロバーツ主演

映画館 オープンの時 上映した思いである作品
2時間半は長く感じられたが それなりの作品 
ジュリアロバーツの演技は安定しているであります

ストーリー概要
過去の記憶を失った男が、謎の組織に狙われるサスペンス・アクション。
昔の記憶をなくしたタクシー運転手のジェリーは、周囲のちょっとしたことに
国家の陰謀が隠されているという強迫観念に取りつかれていた。ある日、
女性弁護士アリスに陰謀が迫っていると悟った彼は、彼女に接近するが
変人扱いされる。だがジェリーの勘は正しく、謎の組織が二人を狙いはじめる。
しかも、ジェリーがかつて特殊部隊の工作員だったことが判明する。



陰謀のセオリー

ケビン スペイーシー

ストーリー概要
第72回アカデミー賞で作品賞ほか5部門を受賞したファミリー・ドラマ。
あるサラリーマン家庭の崩壊劇を、陽気かつシニカルに描写。
現代人の抱える孤独感や不毛感を、可笑しさと残酷さを交錯しながら
捉える。ケビン・スペイシー、アネット・ベニング共演。
ある日突然リストラされてしまった、不動産ブローカーのレスター。
そんな中、彼らの隣に新しい住人が越してきた事から、平凡な一家の
歯車が徐々に壊れてゆく。

なんてストーリー抜粋してみたが 実はまだ見ていません 
アカデミー賞=おもしろくないという先入観と 
どうもケビン スペイーシーが苦手ということもあって 

でも 最近は映画の嗜好もかわってきたので 近々
見てみたいと思っています。はたして 結果はいかに
ウーム



アメリカン・ビューティー

ストーリ概要
新進ニュースレポータは大統領の元側近アランの辞任の
謎のスクープを追う渦中、なんと大統領その人と極秘に会見。
その2日後、大統領は巨大彗星が地球に接近しており、
衝突まであと1年しかないという、全世界を震撼させる記者会見を行った。

これを阻止すべく彗星を核爆発させて軌道修正するプロジェクトが実行
されたが、結果は失敗。衝突が刻一刻と迫る中、ついに大統領は地下に
選ばれた100万人だけを移住させる計画を発表するのだった……。

ちなみに隕石発見者はイライジャ・ウッド
ロード オブ ザ リングの主人公

結構泣ける映画でした。

同時期に似たような ブルースウィリス主演のアルマゲドンは
泣けなかった。俳優さんがあまりに有名すぎ 映画の中に
きちんと入りこめなかったためかもしれないです



ディープ・インパクト


SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。