2007年11月

ここでは、2007年11月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今さらながら 24 見るの再開
ようやくシーズン5
相変わらず はいりが面白く
次々みたくなる

知っている人のほうが多いと思うが
『24 -TWENTY FOUR-』はアメリカの
FOXで放送されているテレビドラマ。
複数の出来事がリアルタイムで進行し、
全シーズンが1話、約1時間の全24話で完結する
キーファー・サザーランド主演

シーズン5概要
シーズン4から1年半後、中国政府に追われる立場となった
ジャックは「フランク・フリン」と名前を変え、
ダイアン・ハクスリーとその息子デレクと日雇いの仕事を
しながら生活していた。

一方、元大統領のパーマーはロサンゼルスで弟のウェインと
共に回想録を執筆中にテロリストによって狙撃され死亡。
パーマーの暗殺直後、ミシェルとトニーもテロリストに狙われ、
ミシェルは死亡、トニーは重傷を負う。
そしてテロリストに狙われたクロエがジャックに助けを求める。
かつてない難敵が彼の前に立ちはだかり……。

いやー 相変わらず 罠にはめられる
裏切り者三昧 だけど 物語に引きづり込まれてしまう。
映画館向きといううよりDVDレンタル向きな気もしないではない
ドラマ仕立てだし いつもいいところで終わるので
ついつい続きを借りに行ってしまう そんな作品です



24 -TWENTY FOUR- シーズンV ハンディBOX

スポンサーサイト
スティーブ・マックィーン主演

大脱走は、1963年制作のアメリカ映画。
ジョン・スタージェス監督。
日本でも大ヒットした映画史に輝く名作である。

第二次世界大戦中の1944年3月24日から25日の
真夜中にベルリン南東160km のザーガンにあった
ドイツ空軍管轄下の捕虜収容所からイギリス空軍少佐
ロジャー・ブッシェル指揮の下に連合軍航空兵が
多数脱走した史実を映画化した作品

オートバイで脱走する姿は、映画屈指の名シーン。

また映画で使われているテーマソング
大脱走マーチはあまりにも有名です



大脱走 (ベストヒット・セレクション)

ハリーポッター最新作 不死鳥の騎士団いままでと変わらず
長すぎず短すぎず おもしろい。いい意味でのマンネリで、
世界観に統一性をもたらしているのではなかろうか?
子供も見ることを前提として作られているせいか、
ストーリーもわかりやすい

ストーリー概要
ハリーポッターは魔法魔術学校の5年生になる日を心待ちに
しながら長く孤独な夏を耐えていた。底意地の悪いダーズリー
一家と同じ屋根の下にいるだけでもつらいのに、クラスメート
はおろか親友のロン ウィズリーやハーマイオニからも便りがない!?
ハリーとダドリーは吸血鬼からの奇襲を受け応戦。正当防衛のはず
ところが魔法省の陰謀で…

それにしても主人公 大人ぽくなったなー



ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (UMD Video)
ハリー・ポッター 第1章~第4章 お買い得パック(4枚組)(初回限定生産)

ジェームズ・ディーン主演

大まかなあらすじ
酔った17歳の少年ジムがた集団暴行事件の容疑者
として警察に連行さる、そこで美しいジュディと、
まだ子供のようなプラトーと知り合う。
間もなく二人は帰宅を許され、ジムも温情ある
少年保護係のレイ主任の取りはらいで帰宅できるが
親との葛藤 やり場のない怒り 事件への発展

思春期にある 反抗期 苛立ちみたいなものが
うまくあらわされている

ちなみに彼はいまでいうカリスマ的な人物だったが
24歳の時 自動車事故で他界する



理由なき反抗 特別版

レオナルド ディカプリオ ,マットデイモン,
ジャックニコルソン出演
第79回アカデミー賞作品賞受賞作品

警察に潜入したマフィアの男とマフィアに潜入した警察官の
数奇な運命を描いたサスペンス映画。
警察官とマフィアがそれぞれの任務を遂行するために互いの
組織への潜入を試みるというストーリーはオリジナルに
ほぼ忠実であるが、物語の舞台となるアメリカ合衆国の独自色を
強めることを目的としてアイリッシュ・マフィアやFBIが登場している。
本作によって「無冠の名監督」と呼ばれていたスコセッシ監督は
アカデミー監督賞を獲得した。

ストーリー
マサチューセッツ州ボストン南部、通称「サウシー」。
警察はこの街に蔓延する犯罪を撲滅すべく最終戦争に突入しようとしていた。
標的は犯罪組織のトップ、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。

その支配力を内部から崩そうと警察は新人警官のビリー・コスティガン
(レオナルド・ディカプリオ)を組織に潜入させる。
一方、コステロは新人警官のコリン・サリバン(マット・デイモン)を
スパイとして送り込んでおり警察の捜査は筒抜けになっていた。
お互い素性を隠して潜入生活を続けるビリーとコリンだったが、
やがて警察もマフィアも彼らの正体に気付き始め二人は窮地に
追い込まれることになる

アカデミー賞はいがいとつまらないという自分の先入観を
いい意味で裏切ってくれた 元々 似ているといわれた
ディカプリオ マットデイモン競演というところも
なかなかいいキャスティングだと思う
ディカプリオの眉間のしわが 役作りによるものだったらすごい
また コステロ役のジャッニコルソンもいい味出してた

作品の中に人種差別問題 警官内部の問題など
考えさせられる場面もある ラストのほうは
はこれでもかと(ネタばれになるのであまり詳しくいえませんが)

なかなか見ごたえのある作品でした

ただ過激な映画が嫌いな人にはあまり
おすすめできない作品です




ディパーテッド

ブルース ウィリス主演
ということで どうせダイハード゙みたいな
感じだろうとあまり期待していなかった

期待していない時というのは
いがいと その作品が面白く見えるものだ
この作品もそういう感じです

ストーリ的には 汚職警官と正義に
目覚めた警官(ブルースウィリス)の対決
アメリカ映画にありがちな映画かもしれないが
それなりに面白かったです

ブルース ウィリスがダイハードと
違った感じの警官をうまく演じている
部分もなかなかよかったです



16ブロック

ションコネリー ニコラスケイジ主演

テレビで何度か放映されているので
知っている人が多いと思うが

簡単にストーリ説明すれば
ションコネリーとニコラスケイジが
テロリストの本拠地(ザ ロック)
に乗り込み陰謀を阻止するわけだが

この映画にはCGが結構使われていて
本物と見分けがつかず 迫力あるものに
仕上がっています

アクション映画が好きな人には
おすすめの映画です



ザ・ロック 特別版

大好きなコリンファレル主演の映画なのだが
結論から言えば 今まで見た映画の中で
1,2位を争うつまらなさ

展開は遅いし ストーリーも結構いいかげん
最初のほう1時間はいらないだろうし

最後まで見た後の空虚感は相当なものでした.......



マイアミ・バイス (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)

ニコラスケイジ主演

移動サーカスのオートバイスタント芸人だった
17歳のジョニー・ブレイズは、肺癌が全身に転移し
死に瀕した父親を治すことを条件に悪魔メフィストと
契約を結んだ。しかし父親は健康な体になった直後に事故死。
悲嘆にくれるジョニーは、サーカスも恋人のロクサーヌも
捨てて旅に出る。

それから13年が過ぎ、不死身のバイクスタントとして
名声を得ていたジョニーは、ケーブルテレビのレポーター
となったロクサーヌと再会する。

その後 悪魔 メフィストとの契約解除のため
ゴーストライダーになったと思ったが

どうも 夜になると 火ダルマで疾走している場面
しか思い出せない あまりにも漫画ぽく
あきれてみていた記憶が
(原作がアニメだから当然か)

まー いかれた感じは ニコラスケイジらしさが
でていたが.......



ゴーストライダー 劇場公開版

今更ながら
DEATH NOTE デスノート the Last name の紹介

前回のあらすじ
死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし
、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。
恋人が死んだ事件をきっかけに、キラ事件の捜査本部に入り込んだ
彼は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた
天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げることになる。

TVでデスノートが初めて放送された時は
全然情報がないままみたので 次の展開どうなるんだろう?
と物語に引き込まれる感じで面白かった

この2作目は 映画館で見た友達の
何気ない一言で展開が予想できてしまったのと
アニメ版が放映されたので 前ほどの
わくわく感はなくなった

なんとなく 視聴者の予想を裏切ろうとする展開なのか
途中から 話がぐちゃぐちゃぽい気もした
演技も 棒読みに近くというか 感情が入っていないというか
そんな俳優さんも多かった気が.......
期待が大きかった分だけ 批評も辛くなっていると思いますが

正直アニメ版のほうが面白い気がします

でも 前作見ているなら ぜひ見たほうがいいと思います


DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set


「逃亡者」で容疑者を追う側として圧倒的な
存在感を見せたジェラード連邦保安官(トミー・リー・ジョーンズ)
とその部下の視点から撮られた作品

逃亡者を意識したのか 
冒頭のほうは似た感じ 
思わずバスを飛行機に変えただけだろうと
突っ込みたくなりました 
ジェラードもなんだかやさしくなったし

後 専門的にいえばフィルム2リールくらい
色彩が全然変わって 少し興ざめ 
つまらないほどではないので
それなりに楽しめる作品ではあるが



追跡者 特別版

逃亡者は1960年代のテレビドラマ・シリーズ
「逃亡者」をベースとした1993年制作のアメリカ映画。
医師リチャード・キンブルをハリソン・フォード、
連邦保安官補サミュエル・ジェラードを
トミー・リー・ジョーンズが演じた。

ストーリーは
外科医リチャード・キンブルが、妻殺しの容疑で逮捕され
死刑判決を受けてしまう。
無実を証明するため 逃亡しながら真犯人を探すといったもの

ハリソンフォード演じるキンブルよりも追う側の
ジェラード(トミリー ジョンズ)の非情さ執拗さが
目立つ作品 アカデミ-助演賞もとった
最近では コーヒーの宣伝でよく見かけるが....



逃亡者

ケビンコスナー,ショ-ンコネリー
ロバートデニーロ, アンディ ガルシアなど
そうそうたるメンバーが出演 

1930年代、禁酒法施行下のシカゴではアル・カポネが
絶大な権力を握り警察や裁判所すら買収していた。
財務局捜査官エリオット・ネスが捜査に乗り出すが、
警察の捜査状況は全てカポネに筒抜けであった。
やむなく彼はジム・マローンらと共にチームを組み、
摘発を始める。

アルカポネと捜査官ネスの対決 
クライマックスの階段落ち 
実は予算がたりなく 思いついた場面
みたいです 

映画自体の完成度はかなり高いと思います



アンタッチャブル(通常版)




アルパチーノ ジョニーディップ主演

潜入捜査官の実話をもとに作られた作品 

ネタばれになるので 書きにくいが
マフィア アルパチーノは全てを
気づきつつ だと思うのだが

最後のほうの アルパチーノの表情
仕草がかなり見所

個人のとらえかたの違いはあると思うが
アルパチーノの役者としての大きさが
でている作品でなかろうか?



フェイク エクステンデッド・エディション



続 3丁目の夕日 見てきました

ネタばれになるので おおまかな説明

冒頭のシーンは迫力あり つかみがよかった
背景の融合で昭和の感じが出ていました 

現実と夢 小日向さんが正論なんだけどね 

二箇所くらいウルウルきました 
邦画もなかなか捨てたものでないです
やはり映画館でみたほうが いいかも 

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

もともと国内で販売されていた『ダイアクロン』
『ミクロマン』シリーズをアメリカのハスブロ社
が他の変形ロボット玩具と一緒に『TRANSFORMERS』
として販売したものが米国内で大ヒット、
それを日本に逆輸入したものが『トランスフォーマー』
シリーズ

こういった変形ものは 映画では無理といわれていたが
CGの発達で 見事に実写 映画化
どこまでが 本物かの区別がつかないくらい 
技術の進歩が見られる 
変形シーンは必見

ここまでの完成度の高さなら 
ガンダム 実写版 誕生する日も 
そう遠くないと思う



トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション


中学生の頃の作品 
その頃は サスペンスもの苦手だったので
見なかった この作品は見たのは
かなり後になる 
主役であるスターリングFBI訓練生を演じた
ジョディ・フォスターが好演
続編は配役変わり 先代スターリングに
全然 及ばない印象 

一方の主役である精神科医レクター博士を
演じたアンソニー・ホプキンスは
演技により大きな注目を浴びる 

その後の作品でもレクター博士を演じる 

暗闇の中でのジョディ・フォスターの
演技は必見 


羊たちの沈黙 (特別編)

最近 邦画のAlways 続 三丁目の夕日が
話題になっているが

こちらは洋画
スピルバーグ監督の作品

友人を救うために事故死してしまった
森林火災救助隊のピートが幽霊となって
下界へ舞い戻ってくる。
恋人ドリンダに「愛してる」
と言いたいのだが・・・・・

天使役にオードリー・ヘップバーン
彼女の最後の作品になってしまったが
いい味を出していました 
ちなみに 思い出の曲が「煙が目にしみる」
カーペンダーズだと思ったが いい曲であります

ちなみに感動作の部類だと思うが
作品の作り自体 奇麗な印象
自分の好きな映画の中の人 一つです


オールウェイズ

先日 テレビで放映されていた 
前の 職場で結構何人かがいい映画だ
なけるという話 聞いていた
でも その日は映画HERO見にいっていて
見れなかった 翌日 ツタヤにレンタルにいっても
全部貸し出し中 ウーム

昭和33年 東京の下町を舞台とし、夕日町三丁目に暮らす人々の暖かな交流を描く感動ドラマに仕上がっているまた技術的な面では、建設中の東京タワーや上野駅、C62、東京都電など当時の東京の街並みをミニチュアとCG(いわゆるVFX)で再現した点が特徴的である。 ということなのだが
やはり実際 見てみないと なんとも言えない 
近いうちに見てみたい作品です 


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
2003年のアメリカ映画。アドベンチャー映画。略称は「パイカリ」。

ディズニーランドの人気アトラクションのひとつ
「カリブの海賊」をモチーフにした作品。
以降パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
と続くシリーズの第1作目。

主演のジョニー・デップは、この作品で
アカデミー主演男優賞にノミネートされた。
他にはオーランドブルームが出演
シリーズ上 一番面白い 作品で ジョニーのよさも
でているし 2作目 見たくなると思います
ちなみに3作目は 映画館で寝てしまった・・・・・


パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち




有名な俳優さんがたくさんでている
ジョージクルーニー演じるダニエル・オーシャン
とその仲間がカジノの金庫を狙う犯罪アクション
映画のシリーズ第3作である

スティーブン・ソダーバーグ監督の
独特の撮り方が今回もでている 
たぶん好みが分かれると思う

内容的には前作 2本と変わらない感じ
ウームというところか 
曙もでているのだが・・・・ 


オーシャンズ13 特別版(2枚組)

遅まきながらHERO映画版 見てきた

正直な感想は無駄な展開 話が多すぎて
途中で飽きてきた 

ネタばれになるので詳しくかけないが 
感動をよぶのであれば 力のいれどころ 
描かなければならない場面もまったく
ちがくなってくると思う
そこを描くと クライマックスもっと涙を
誘う作品になったと思う 

法廷も????という感じだし
松本幸四郎は 弁護士だよね??と思ってしまった
ちょっと宣伝負けしているなと感じた・・・・・

個人的には勝村正信の演技が好きだけど

HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版

SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。