未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気アニメ「鋼の錬金術師」劇場版アフレコ始動!豪華声優陣が意気込みを語る (シネマトゥデイ 映画情報)


N0031509_l-small.jpg
前列左から坂本真綾、釘宮理恵、朴路美、森川智之 、後列左から折笠富美子、三木眞一郎、高本めぐみ

 10日、麻布十番のアオイスタジオにて、映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』のアフレコ収録が行われ、朴路美、釘宮理恵、高本めぐみ、三木眞一郎、折笠富美子、坂本真綾、そしてメルビン・ボイジャー役として出演が発表された森川智之の豪華声優陣が囲み取材に応じた。

 コミック、アニメと大ヒットを記録した作品の劇場公開版ということで、スタッフや出演陣の作品にかける意気込みは半端なものではない。メインのエドワードを演じる朴は「約1年ぶりだったけれど、スタジオに入った瞬間“鋼のニオイ”がプンプン漂ってきて……。懐かしさと、嫌な感じ(笑)がまとわりついてきて、製作陣の熱気が伝わった」と初日の感想を語ると、アルフォンス役の釘宮も「台本を1週間前にもらったのですが、気が引き締まりました。スタッフの気合がみなぎっていて、とても緊張します」と朴と同様の雰囲気を感じていたようだ。

 一方、メルビン役で劇場版から登場する森川は「初めて“鋼”に呼ばれて、しかも劇場版ということで、とても光栄に思っています。僕はあまり緊張していなかったのですが、メインの2人がとても緊張しているというのを聞いて、一気に緊張してきました」と笑いを誘うトークを展開したが、「人気作品に自分が参加できたことがうれしいし、さらに良い作品にできたら」と表情を引き締めて作品への想いを語った。同じく、劇場版で初出演となる坂本は「メインのお二人がすごく緊張していると聞いて、さらに追い込まれました」と、こちらはこわばった表情を浮かべる。

 アニメからのレギュラーメンバーである高本、三木、折笠も口をそろえて「緊張感」や「作品への感謝」「劇場版への期待」を語り、作品に対する真摯(しんし)な想いがヒシヒシと伝わってくる。

 最後に朴が「とにかく絵が動きまくって、1コマ1コマ、スタッフが全力で描いているのが伝わってくる力作です。震災後、日本は大変な状況ですが“何がなんでも頑張って生きる“というメッセージが伝わったら嬉しいです」と作品の見どころを述べると、釘宮も「明るく楽しい作品ではないのかもしれませんが、踏ん張って頑張っていこう! という気持ちが(作品を観る人に)伝われば……」と熱い想いを語った。

 本作は、荒川弘原作の大人気コミック「鋼の錬金術師」の劇場公開版。エドワード&アルフォンス兄弟に待ち受ける運命と、ついに語られる禁断の絆が壮大なスケールで描かれる。

映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』は7月2日より全国公開

スポンサーサイト
吉高由里子、彼氏5人持ちヒロインにドキドキ 「ダメ同士がくっつく」恋愛観も語る (シネマトゥデイ 映画情報)

N0031343_l-small.jpg


2日、女優の吉高由里子が、テアトル新宿にて行われた主演映画『婚前特急』公開記念舞台あいさつに登壇し、「こういう時期だからこそ、ほっこり笑える存在の映画でいたい。フラッと観に来て下さい」と作品をアピールした。この日はそのほか、共演の加瀬亮、浜野謙太、前田弘二監督が登壇した。

 本作で彼氏5人を掛け持ちしながらも憎めないヒロインをはつらつと演じ、コメディエンヌとしての才能を存分に発揮した吉高。大勢の立ち見客も詰めかけた大盛況の中、笑顔で登場した吉高は「おもしろかったですか?」と客席に呼びかけ「サイコー!」と言われると「もっと(コールを)ちょうだい!」と叫ぶなど、最初から明るい魅力をさく裂させ、会場を大いに盛り上げた。トーク中には、撮影時に演出のため、監督からイライラする精神状態にさせられていたことを明かしたり、劇中のキャラクターたちについて「(ヒロインの)チエもダメだし、男たちもダメ。ダメはダメとくっつくんですよ」と恋愛観を素直に語ったりしていた。

 そんな吉高ふんするヒロインのチエから、査定される側の男を演じた加瀬と浜野。加瀬は「こういう状況の中、この時間がどういう時間になるのか複雑でした。でも見終わった方たちからたくさん拍手をいただいて安心しました」と熱い反応にほっとした表情。劇中ではチエの良き相談相手でもある、食品会社の営業部長という役どころだったが「実際の自分と、吉高さんの関係に近いと思います。吉高さんからいろいろ話しかけられても、話半分で聞いています」と笑いながら明かすなど、吉高とすっかり仲良くなっている様子がうかがえた。一方、インディーズ・シーンで熱狂的なファンを持つバンド「SAKEROCK」のメンバーでもあり、劇中ではお調子者のパン工場の工員を演じた浜野は「この映画では、かわいくてダメな人たちが肯定されている。気楽に観てくだされば」と映画をアピールしていた。(古河優)

『婚前特急』は今を楽しく生きようと5人の男性と同時に付き合っていた独身OL・チエ(吉高)が、親友の結婚を機に自分を見つめ直し、彼氏たちを査定して運命の相手を見つけるまでをユーモラスに描く恋愛コメディー。

映画『婚前特急』はテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開中

オフシャルサイト http://konzentokkyu.com/

辰巳琢郎「子どもの餓死、死体の山…」石巻市の救援が行き届かない現状を代弁 (シネマトゥデイ 映画情報)

N0031142_l-small.jpg


俳優の辰巳琢郎が、東日本大地震で被災した宮城県石巻市の友人が訴えた命のメッセージを自身のオフィシャルブログに掲載し、いまだ救援が行き届かない被災地の現状を代弁した。

 辰巳は15日に「地獄…」と題したブログで、安否を心配していた石巻市の友人と衛星電話で会話したとつづり、被災地の実情を多くの人に伝えてほしいと頼まれた。そして、「死体がゴロゴロなんですから。避難所にいるのに、食糧がなく、子どもが餓死してるんですよ」とメディアでは大きく取り上げられていない現状を記している。

 この衝撃的な訴えを公開した辰巳だが、「友人のいる避難所に救いの手を…」と訴えるためだけにつづったのではない、間違えないでほしいと18日に更新したブログで語っている。辰巳がほかにも伝えたかったメッセージは、テレビで報道される内容の表面だけを見るのではなく、奥にあるものを考えるということ。「被災地のこれからのことを想像してください。長い長い支援が必要でしょうから、この出来事をしっかり心に刻みつけて欲しい」と辰巳は訴えている。

SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。