元映写技師の映画感想 紹介 大の映画好きで実際 映画に出演したこともあります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SUPER8/スーパーエイト

製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ(「トランスフォーマー」シリーズ)×監督J・J・エイブラムス(「スター・トレック」)がタッグを組んで贈るSF大作。

1979年の夏。オハイオの小さな町で保安官の父と暮らす少年ジョー(ジョエル・コートニー)は、ある夜、仲間たち5人と家を抜け出し、8ミリ映画の撮影に出かける。だが、その撮影中に偶然、米軍の貨物列車の大事故に遭遇。アメリカが絶対に秘密にしなければいけない、“何か”を撮影してしまう。それは実は、アメリカ政府の指示によって秘密軍事施設“エリア51”から“何か”を輸送する途中だったのだ。少年たちが事故現場に落とした8ミリフィルムの空き箱を発見した米軍は、極秘情報が何者かに目撃されたと判断して町中の捜索を開始する。やがて、町では不可解な出来事が連続して発生。犬たちが一斉に消え、9人が行方不明……。さらに、事故現場から持ち帰った白い謎のキューブが不思議な動きを始め、全てを目撃した少年たちは、真実を探しに行くことを決断する……。


スピルバーグ監督 楽しみだが宇宙戦争・・・ おもいっきりガッカリした記憶が!? 

今度は大丈夫かな? ウーム。


スポンサーサイト
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

スタッフ・キャスト
[監督]静野孔文
[原作]青山剛昌
[脚本]古内一成
[音楽]大野克夫
[声優]高山みなみ/山崎和佳奈/小山力也
上映時間
109分  
上映館
TOHOシネマズ 有楽座にて公開 
公開日
2011年4月16日(土)公開 
公式サイト
「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」公式サイト


映画トップ > 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

(C)2011 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

スタッフ・キャスト
[監督]静野孔文
[原作]青山剛昌
[脚本]古内一成
[音楽]大野克夫
[声優]高山みなみ/山崎和佳奈/小山力也
上映時間
109分  
上映館
TOHOシネマズ 有楽座にて公開 
公開日
2011年4月16日(土)公開 
公式サイト
「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」公式サイト

モバイルサイト 作品情報を携帯にメモして、もっと便利に活用しよう!
この作品をクリップ
上映館を探す

雪国で起こった事件の謎にコナンが迫る!
小学生から大人まで、国民的人気を誇る大ヒットコミック『名探偵コナン』の劇場版。15周年を迎える今回の事件の舞台は、新潟県の雪深い村。再選直後の都知事に届いた脅迫状と、都知事が国土交通大臣時代に建設したダム、その建設のため移設した村で発見された死因不明の遺体と8年前の悲劇――。複雑に絡み合った事件の謎にコナンが迫る!


ストーリー - 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

12月のある日、再選直後の都知事に謎の脅迫状が届き、翌日には開通直後の都営地下鉄トンネルが爆破される。その頃、ダムから移設5周年を迎える北ノ沢村で死因不明の遺体が発見される。3つの事件が関連していると睨んだコナンは北ノ沢村へ向かうが……。

名探偵コナン



人気アニメ「鋼の錬金術師」劇場版アフレコ始動!豪華声優陣が意気込みを語る (シネマトゥデイ 映画情報)


N0031509_l-small.jpg
前列左から坂本真綾、釘宮理恵、朴路美、森川智之 、後列左から折笠富美子、三木眞一郎、高本めぐみ

 10日、麻布十番のアオイスタジオにて、映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』のアフレコ収録が行われ、朴路美、釘宮理恵、高本めぐみ、三木眞一郎、折笠富美子、坂本真綾、そしてメルビン・ボイジャー役として出演が発表された森川智之の豪華声優陣が囲み取材に応じた。

 コミック、アニメと大ヒットを記録した作品の劇場公開版ということで、スタッフや出演陣の作品にかける意気込みは半端なものではない。メインのエドワードを演じる朴は「約1年ぶりだったけれど、スタジオに入った瞬間“鋼のニオイ”がプンプン漂ってきて……。懐かしさと、嫌な感じ(笑)がまとわりついてきて、製作陣の熱気が伝わった」と初日の感想を語ると、アルフォンス役の釘宮も「台本を1週間前にもらったのですが、気が引き締まりました。スタッフの気合がみなぎっていて、とても緊張します」と朴と同様の雰囲気を感じていたようだ。

 一方、メルビン役で劇場版から登場する森川は「初めて“鋼”に呼ばれて、しかも劇場版ということで、とても光栄に思っています。僕はあまり緊張していなかったのですが、メインの2人がとても緊張しているというのを聞いて、一気に緊張してきました」と笑いを誘うトークを展開したが、「人気作品に自分が参加できたことがうれしいし、さらに良い作品にできたら」と表情を引き締めて作品への想いを語った。同じく、劇場版で初出演となる坂本は「メインのお二人がすごく緊張していると聞いて、さらに追い込まれました」と、こちらはこわばった表情を浮かべる。

 アニメからのレギュラーメンバーである高本、三木、折笠も口をそろえて「緊張感」や「作品への感謝」「劇場版への期待」を語り、作品に対する真摯(しんし)な想いがヒシヒシと伝わってくる。

 最後に朴が「とにかく絵が動きまくって、1コマ1コマ、スタッフが全力で描いているのが伝わってくる力作です。震災後、日本は大変な状況ですが“何がなんでも頑張って生きる“というメッセージが伝わったら嬉しいです」と作品の見どころを述べると、釘宮も「明るく楽しい作品ではないのかもしれませんが、踏ん張って頑張っていこう! という気持ちが(作品を観る人に)伝われば……」と熱い想いを語った。

 本作は、荒川弘原作の大人気コミック「鋼の錬金術師」の劇場公開版。エドワード&アルフォンス兄弟に待ち受ける運命と、ついに語られる禁断の絆が壮大なスケールで描かれる。

映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』は7月2日より全国公開

SEO対策:映画 サイト登録でアクセスアップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。